JINで使用されているWebフォントについての要望



  • はじめまして。
    JIN、愛用させていただいております。

    JINで使用されているWebフォントについて、ご要望というよりご提案させていただきたいです。

    現在JINではNoto Sans JPとRounded M+ 1cが採用されていますが、<head>とCSSで読み込まれているソースが、Google Fontの早期アクセス版となっています。

    早期アクセス版のデメリットはfont-display:swapというプロパティが使えないことです。
    これは何かと申しますと、Webフォントの読み込み中に代替フォントを表示させるものです。

    Webフォントを使った際のGoogle PageSpeed Insightsのスコアが低いのはこのプロパティが使えないことによる部分が大きいです。

    https://fonts.google.com/specimen/Noto+Sans+JP?selection.family=Noto+Sans+JP
    JINで読み込むNoto Sans JPを上記の正式版のものにすれば、デフォルトでfont-display:swapが付いているので、Webフォントを使っているJINユーザー全員のサイトの高速化が望めます。
    Rounded M+ 1cについても同じです。

    こちらで個人的にテーマファイルをいじってもよかったのですが、せっかくなのでアップデートで対応していただければと思い、投稿させていただきました。
    ご対応よろしくお願いいたします。


    WordPressのバージョン :
    ご利用のサーバー名 :
    PHPのバージョン :
    OS :
    ご利用のブラウザ :
    該当サイトのURL :


 

});