JINのデザインを着せ替える方法のYoutubeを見て



  • とても詳しい説明をありがとうございます。
    Youtubeと同じ処理をしてDEMO6をダウンロードしてインポートしました。
    ここまでは詳しいのですが・・・
    そのあと、いきなり「例としていくつか記事を入れてみました」といきなり飛ぶんですが、記事の入れ方についての説明はいかに? そこがわからないのですが・・・
    「WordPressテーマ「JIN」の設定マニュアル」どおりに進めれば記事が入るのですか?
    もういきなりつまづきました。


    WordPressのバージョン :
    ご利用のサーバー名 :
    PHPのバージョン :
    OS :
    ご利用のブラウザ :
    該当サイトのURL :



  • @iloveblues911 さん

    JINをご利用いただき、ありがとうございます。

    記事の投稿方法のご案内が足りず、ご不便をおかけして申し訳ございません。

    ================================================
    記事の入れ方ですが、現在のWordPressですと二通りの方法があります。

    ①ブロックエディタ(グーテンベルク)
    ②クラシックエディタ

    ================================================
    ①のブロックエディタは2018年末頃に追加された仕組みで、
    現在はこちらがWordPressの標準機能となっております。

    ブロックエディタでの入力方法に関しましては、こちらの記事をご参考いただければと思います。
    https://jin-theme.com/manual/gutenberg-how-to-use-2/

    ================================================
    ②のクラシックエディタは、以前からあった入力の仕組みです。
    (テキストエディタとも言われております)

    先にお伝えした通り、現在の標準機能はブロックエディタ(グーテンベルク)なのですが、
    以前からWordPressを使っていた方々は、クラシックエディタの方が好きという人も多く
    そういった方々はプラグインの「Classic Editor」を導入しています。

    プラグイン「Classic Editor」の導入は、こちらの記事をご参考になさってください。
    https://jin-theme.com/manual/classic-editor/

    ================================================
    どちらを使うかは好みの問題なので、お好きな方を選んでいただいて良いのですが、
    もう少しそれぞれの特徴を知りたい場合は、こちらの記事がとても分かりやすいので、ご参考いただければと思います。
    (それぞれでの記事の入れ方も載っています。)

    https://www.colorfulbox.jp/media/wordpress-operation/

    ================================================
    【補足】

    「Classic Editor」のサポートは2022年までとも言われています。
    こうしたサポート状況は先が読めないことも多く、はっきりした事は分かりません。

    ですので、これからWordPressをお使いになる方々は、
    ブロックエディタ(グーテンベルク)の方が良いのではと思います。

    ================================================
    この度は、ご不便をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。
    お手数おかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。


 

});