googleサーチコンソール「ウェブに関する主な指標」において、ページ状態が「不良」が出る要因



  • お世話になっております。

    0_1596204111304_WS000000.JPG

    現在、googleサーチコンソール内「ウェブに関する主な指標」において、ページ状態が「不良」の評価が続いております。

    CLSが0.25超と計測されており、調査しましたところ、おそらく下記の画像にwidth・heightタグが付与されていないことが一因ではないかと考えられます。

    ・ヘッダー・フッターに表示されているサイトロゴ
    ・ヘッダー画像
    ・トップページに表示されているカテゴリボタンの表示画像
    など

    JINでは、これらの画像を「外観」→「カスタマイズ」から設定するため、CSSを簡単にいじることができません。

    改善していただくことは可能でしょうか。

    ご検討のほどよろしくお願いいたします。


    WordPressのバージョン :
    ご利用のサーバー名 :
    PHPのバージョン :
    OS :
    ご利用のブラウザ :
    該当サイトのURL :



  • 追記

    アイキャッチについても同様です。

    おそらくですが、レイジーロードをいれたときに、widthなどが指定されていれば、そのスペースが確保されているのですが、指定されていないと画像が遅れて表示され、そのときに、画面がずれます。
    これが、CLSの問題の可能性として、一つ考えられます。